Home テキスト UXD導入にあたって

UXD導入にあたって

by tagami

UXデザインは、主に企業などの組織で取り組むことを前提としたデザインの実践であり、ユーザーに提供する体験価値を定め、ユーザーがその体験価値を感じられるような理想とするUXを目標に、そのUXを実現する手段や過程を設計するものである。UXデザインは基本的に、プロダクトやサービスの課題を解決する手段として適用することが一般的であるが、UXデザインにて課題解決の枠組みとして考えられるのは主に3つのパターンがある。

(1) 新しい体験価値を実現する新製品・新サービスの開発

これまでにないサービスでの起業など。

参考KPI:顧客の獲得、事業の成功

(2) 新しい体験価値を既存ビジネスにおいて実現する新機能・新サービスの開発

既存のビジネスの枠組みを大きくは変更しない範囲で、既存ユーザーや潜在ユーザーの本質的なニーズや体験価値を明らかにし、新しい体験価値が実現できるような部分的な改善を行う

参考KPI:顧客満足度の改善・向上、新規顧客の獲得

(3) 既存の体験価値である既存ビジネスにおいてユーザー体験の質を向上させる

新サービスを作る場合もあれば、新機能をつけて改善するといった場合もある

参考KPI:顧客満足度の改善・向上、リピート率の向上

UXデザインを導入する前に、前提として明確にし正しくKPIを設定することが大切である。

また、全体像として一般的なプロセスは図1.1となっている。全ての工程は可逆的であり且つ反復的に行われる。各過程を反復的に行い、問題があれば必要に応じてそれまでの適切な過程に戻る。全体がサイクルとなっているのはリリースをしたのち、次期バーションにおいても同じ工程を辿るためである。

尚、先に述べた(1)(2)(3)のどのパターンにてUXデザインを取り入れるのか、どのようなサービスを提供するのかによってこのプロセスから一部工程を削除するなど変化することもある。詳しくはプロセスにて後述。

このようにUXデザインには工程が多く、後に紹介するが各段階においていくつもの方法論があり手法がある。新サービスを作るのか、既存サービスを改善するのかどのようなUXデザインを行うのかによってその工程と内容は実に様々である。到底一朝一夕でできるものなどではなく体系的に学び適切に実施し、改善していく必要がある。

図1.1 一般的なプロセス、全体像

参考文献

次項 全体像を掴む