Home テキスト 人間中心デザインプロセス

人間中心デザインプロセス

by tagami

UXデザインについての理解を深める際、重要なコンセプトとして人間中心デザイン(HCD:Human Centered Design)というものがある。これはその名の通り、製品やサービスを使う人を常に中心において、あるいは優先的に考えて企画・設計・開発・デザインを行うことである。一見UXデザインと同じように感じるがUXデザインとHCDは同義ではない。しかしながら、この人間中心デザインにおけるプロセス、人間中心デザインプロセスは、UXデザインを実践するためのプロセスとして活用される。この人間中心デザインプロセスは開発手法ではなく、開発のアプローチ・取り組み方であると定義の中で位置付けている、ということは念頭に置いておきたい。(HCDプロセスの代表的なガイドラインはISO 9241-210:2010である。)

この人間中心デザインプロセスが活用されるには理由がある。

  1. 作って見たらニーズに合致しない必要とされないサービスであった、などの手戻りや失敗を極力防ぐことにつながる。
  2. 開発メンバーとは実に様々立場の人からなるため、ユーザーが求めていることを明確にし、それを開発に関わる誰もが目標にしながら開発するための基盤であり判断の際の基準として機能する。

HCDプロセスの具体的な取り組み方、そのコンセプトは反復設計である。開発のどの段階においても、ユーザーの体験価値を常に確認して、問題があれば修正することができるようなプロセスになっており、開発が進んで後戻りできなくなるような問題の深刻化がおきないように設計されている。(図)

人間中心デザインプロセスの相互依存関係『ISO 9241-210 : 2010 』をもとに作成

このプロセスにおける反復設計というコンセプトでは、問題があれば必要な段階まで戻って再度行うことを求めている。しかし、これは「誤っていたからやり直す」というような負の意味合いではない。プロセスはサイクルとなっているが、これは一回転させれば良いわけではなく、何度も回すことをあらかじめ考慮しておいて、何度も回しながら徐々にその完成度を上げていくというプロセスであり、そのための繰り返しとなっている。

各段階、言葉が固いがPDCAを少し細分化したものと捉えると理解しやすいだろう。このサイクル自体はPDCAと同じ考え方である。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)。
ただし注意しておきたい点もある。HCDプロセスにおけるCheck(評価)はあくまでもユーザーによる評価であるということだ。PDCAにおけるCheckは当事者における振り返りを意味することがあるが、そこはHCDプロセスとは大きく異なる。

それでは各段階について少し詳しく且つ全体を理解しやすいよう端的に紹介する。

1.利用状況の把握と明示

利用文脈を調査によって把握し、文書としてまとめておくことを指す。まったく新しいものを作る際には関連するものや似たようなものについて調査する。

2.ユーザーの要求事項の明示

1での調査結果をもとに、ユーザーのニーズを明確に示す。注意点は機能についてではなく、あくまでも利用文脈の中でユーザーがどのようなことを求めているか、に関するという点である。
尚、この際ユーザーだけでなく組織が求める目標も考慮した上で行う。軸はあくまでも「Designing for Users」であるが、同時に「Designing for Company」を適えることも重要である。

3.ユーザーの要求事項を満たす設計による解決案の作成

1と2の内容を元に実際に制作を行う。少し期間を要したり、制作する中で課題が見つかったりなどあるかもしれないが、なにより1と2にて示した内容からブレないことが重要である。

4.要求事項に対する設計の評価

3にて制作したものを2と照らし合わせ、ユーザーによる評価あるいはユーザーを念頭に置いた評価を行う。ここでユーザーの要求事項を満たした場合7に進み完成となる。要求事項を満たさなかった場合、2、3、4のどこかの段階から再度サイクルを回す。

上記の図をシンプルにしたものが下図である。あくまでもわかりやすくするために抽象化した図であり、ここまでの内容を理解するために補助的に見ていただきたい。

人間中心デザインプロセスの相互依存関係『ISO 9241-210 : 2010 』をもとに抽象化

参考文献