Home 人間中心デザインの理解を深める

人間中心デザインの理解を深める

by tagami

原則

HCDプロセスの目的はユーザー要求に適合したUXを実現することである。良いUXの質を達成するためのアプローチであり、このHCDについて理解を深めることは良い UXを実現するために大いに役立つと言えよう。
国際規格ではHCDの6つの原則を示している。(9241-210)

(a)設計がユーザー、タスク、環境の明確な理解に基づいてる
(b)ユーザーが設計と開発全体を通じて参加される
(c)設計がユーザー中心の評価により実施され、洗練されている
(d)プロセスを繰返している
(e)設計がユーザエクスペリエンス全体に取り組んでいる
(f)設計チームが学際的なスキルと視点を取り込んでいる

国際規格(ISO 9241-210 : 2010)『インタラクティブシステムの人間中心設計プロセス』

(a)設計がユーザー、タスク、環境の明確な理解に基づいてる

これはつまり利用文脈・利用状況である。HCDプロセスは開発のどの段階からでも適用できるとしているが、どの段階から適用しようが、まずすることは利用状況の把握と明示である。なぜならユーザーの体験価値や本質的ニーズなど要求事項が明確でないまま開発を進めることは不可能であるからだ。

(b)ユーザーが設計と開発全体を通じて参加される

実際のユーザーに協力してもらい開発を進めるべきであるということだ。これは良いUXを実現するための近道である。ユーザーグループと一緒に開発する取り組みがマーケティングという観点からも効果があるとされ、注目されている。

(c)設計がユーザー中心の評価により実施され、洗練されている

このユーザー中心評価は、HCDプロセスの中でも最も重要な活動と位置付けている。ユーザーの要求事項とのズレや乖離をさけるための活動であり、必ずユーザー中心あるいはユーザーを念頭においた評価を行う。開発チームの主観や憶測を極力排除することが重要である。
「ユーザーを念頭においた」というのは予算や時間の都合上ユーザーに参加してもらえないなどといった場合であり、その際は利用文脈を丁寧に理解しユーザーの立場になって評価することが重要である。

(d)プロセスを繰返している

HCDプロセスではプロセスを繰り返すことを前提としている。そのための計画を練る必要がある。

(e)設計がユーザエクスペリエンス全体に取り組んでいる

利用文脈・利用状況における説明と重なるが、サービスを利用している最中だけでなく、サービスを利用する前と後、そしてさらにその後とサービスとユーザーが関わる全てを考慮しなければならないことについて述べている。(サービスの利用について時系列でまとめた期間によるUXの違いについてがこの理解を助ける。)

(f)設計チームが学際的なスキルと視点を取り込んでいる

これは、創造的で革新的なアイデアで問題を解決しながら理想のUXを実現していくには学術的で多様な専門分野のメンバーの参画が有効であるということである。実際の開発現場では、技術的実現可能性やビジネスの都合でユーザーの要求事項が実現されなくなってしまうことが多い。国際規格ではこのような状況を理解した上でこれを原則に取り込んでいる。
例えばユーザーによる要求事項が超軽量だけど風を防ぎ、寒さを防げるパーカーだとする。この時世界的に注目されている新素材を使うことで解決できるがコストが高すぎてビジネスの観点から実現が難しい。ここに素材の専門家が参画していたとする。何もその新素材を使わずとも要求事項を満たせる良い素材を知っているかもしれないし、何かと何かを組み合わせることで実現できるかもしれないなどと可能性が存分に広がる、という具合である。

Designing for Users を適えると同時にDesigning for Companyを適えるとはこういうことである。
尚、国際規格では以下のようなスキルや視点を挙げている。

・人間工学、ユーザービリティ、アクセシビリティ、ヒューマンコンピュータインタラクション、ユーザーリサーチ

・ユーザーおよび他のステークホルダー(又は彼らの視点の代わりを務められる者)

・アプリケーション分野の専門知識、目的物の専門知識

・マーケティング、ブランディング、販売、技術サポートおよびメンテナンス、健康および安全

・ユーザインタフェース、ビジュアルデザイン、プロダクトデザイン

・テクニカル ライティング、研修、ユーザーサポート

・ユーザーの管理、サービスの管理およびソフトウェア工学、プログラミング、生産/製造およびメンテナンス

・人的資源、持続可能性および他のステークホルダー

国際規格(ISO 9241-210 : 2010)『インタラクティブシステムの人間中心設計プロセス』

計画

HCDプロセスを実施するにあたってHCDプロセスの計画は非常に重要である。国際規格では構想分析設計試験保守という全ての段階において、サイクルを繰り返すことで徐々に完成度をあげていくプロセスを組み込まなければならないとしている。

また、HCDプロセスを実施するにあたっては、プロジェクトのリーダーが、HCDプロセスへの正しい知識と理解のもと、主導的に計画し、トップダウン型で適用することが望ましい。

開発手法との関係

開発手法として主要な3つ、ウォーターフォール型開発、反復型開発、アジャイル型開発との関係をまとめる。

ウォーターフォール、反復型、XP(Beck, 1999)をもとに作成

(※XPはエクストリーム・プログラミングの略でBeck考案のアジャイル型開発の一つのアプローチである。)

■ウォーターフォール型開発:HCDプロセス適用可能
 手法概要 – 分析の段階で決定した仕様に基づき、設計・実装・テストを順次行うもの。

■反復型開発:HCDプロセス適用可能
 手法概要 – 企画・設計・開発といった大きめの範囲の中で、仕様・設計・実装・テストを繰り返すもの。サブシステム単位での開発。

■アジャイル型開発:HCDプロセスそのままの形での実施は難しい
 手法概要 – システムの全体の機能を分割し、そのうちの小さな機能ごとに短い期間で部分的な設計・実装・テストを行い、半完成システムのリリースを高速で繰り返すもの。そのスパンは2週間などである。

アジャイル型開発はその開発スパンの短さからHCDの示すプロセスをそのまま適用することは難しい。そのため、アジャイル型開発に適したHCDの取り組みというものが試みられてはいるが、定まった方法はまだない。取り組みの例としてはアジャイルUCDやアジャイルUX、LeanUXなどがある。

認知科学者D.A.ノーマンの視点

『誰のためのデザイン?』の著者で知られるドナルド・ノーマンはアメリカの認知科学者、認知工学者である。人間中心設計のアプローチを提示し、ヒューマン・インターフェイスやユーザビリティに多大な貢献を果たしたとされる。

ノーマンはHCDプロセスをデザイン思考(Design Thinking)の主要な技法として位置付けている。ノーマンによる人間中心デザインの定義は下記である。

「対象とする人々のニーズと能力にデザインが合っていることを保証するプロセス」

D.A. ノーマン, 岡本明ら役, 誰のためのデザイン? 増補・改訂版, 新曜社, 2015

反復設計に関しても、何度も繰り返されることで望ましい解決策に接近していく、と肯定している。また、HCDの原則として参考になることを述べているので紹介する。

モノの仕様を決定するのはデザインの中で最も難しい部分なので、HCDの原則は、できるだけ長い間、問題を特定することを避け、その代わりに暫定的なデザインを繰り返していくことにある。これは、アイデアをすばやく試行し、一つひとつの試行の後に手段と問題提起を修正していくことで実現される。結果として、人々の真のニーズにきちんと合致する製品が得られる。

D.A. ノーマン, 岡本明ら役, 誰のためのデザイン? 増補・改訂版, 新曜社, 2015

若干の考え方は違えど、国際規格のプロセスと大きな違いはない。

参考文献